一つの言語で世界は見えない

子供達の金融リテラシーをあげたい。投資のしくみを教えたいっとある日ふと思いました。

しかしながら、私の投資経験は、ファイナンシャルアドバイザーなしでは、自信をもって語れないのが現状です。

自分が経験してみないと、やっぱり教えられない。

そう思って、投資のプロやアマチュアのユーチューブ動画をチェックしまくり、噂の無料アプリで2万円を入れて、ポチっと自分で投資をはじめてみました。

目指すは、ウォーレン・バフェット系コツコツ投資。

様々なデータを取り入れ、自分が納得して、これは成長が見込めると思う企業を多様な分野で選択し、株を一つ一つ購入していく。

自分なりの納得出来るポートフォリオを形成していく。

多様化が成功の決め手!

これがめちゃ学びがあって面白い。

ここで、英語と日本語の様々なユーチューバーをフォローしながら、自分が感じた事。

日本語ユーチューバーで、素晴らしい有益な動画を紹介している方々もたくさんいるけど、どこか偏っている印象。英語ユーチューバーからの情報のほうが、世界で起こっているビジネス、投資について、比較的、敏速で、多様な情報を得る事が出来る。

英語が分かると世界が見えるってこういう事かなぁ。ふと思いました。

これは、投資だけでなく、どの情報でも、同じことが言えると思います。

社会ニュース、教育、思想、宗教。

一つの言語ですべてを理解しようとすると、やはり、その言語に基づく考えが離れず、どこか偏ってしまっているような印象を受けます。

そういう私も、日本語と英語しか知りませんが、これが、数カ国語で情報を得られたら、もっと凄いだろうなぁって思います。

翻訳機能もあるし、中国語やインド語、東南アジア、ヨーロッパ、他の国々の言葉のユーチューバーも追いかけてみようかな?

英語が話せるようになるには?

英語は、どうすれば話せますか?

よく聞かれる質問です。

90年代初期、ワタシの場合、英語は、勉強というより、ほぼ好きの延長でした。

洋楽が好きだったワタシは、当時、人気があったボーイズバンドの曲の歌詞を覚えて、何度も一緒に歌っていました。

テニス観戦が好きで、当時人気だったヨーロッパのテニス選手のインタビューの声を聞くのも好きでした。

実際に海外に出て、英語で話すキッカケが出来た時、常に心がけていたことがあります。

積極的に、沢山の人に、チャンスがあれば、自分から話しかけること。

話しかければ、話しかけるほど、次は、どうやって話しかけよう、質問にどうやって答えよう、何を聞こう、何を話そう。頭の中で、自分の考えが、まとまっていきます。

最初は、考えがまとまった後、そのアイディアを、日本語から英語に訳すとういう形でも構いません。

しかしながら、その行動を繰り返すうちに、自分の考え、価値観にピッタリの好きな英単語、好きな言葉が、増えていくのです。

好きな言葉が増えれば増えるほど、話したいことが増えてくる。自分の価値観が英語で語れるようになる。

インターネットがない時代は、これは、海外でないと、ほぼ不可能な行動でした。

話す相手に会うチャンス、キッカケがなかったからです。

しかしながら、今は、SNSというツールがあります。

一人に話しかけるという行動の代わりに、今は、SNSを使って、いつでも、どこからでも、常に、英語で、たくさんの人に、時によっては、大勢に、一挙に話しかけることが可能になったのです。

自分の好きな共通の趣味を持っている人、自分と同年代の人、同じ考えを持っている人、そんな人を、前もって選択して、話しかける事も可能です。

つながりが出来れば、ネットを使って話すことも出来ます。つながりが、難しければ、オンラインで、会話練習が出来るサービスもたくさんあります。

凄い時代だなぁって思います。