お金について思うこと

子供にお金の心配をさせたくないという親心。

お金の話はするものじゃない。みっともない。

お金は真面目に働いて稼いで貯金するもの。

投資?そんなのギャンブル。投資に失敗して、全財産をなくす人が、たくさんいる。

お金なんて楽して手に入れるものじゃないのよ。

日本を出て海外に住むようになって、私は、投資が自分にとっても社会にとっても凄く良い事であることを学びました。

お金を育てる事は子育てと似ているような気がします。

良い子育てをするには、知識と経験が必要。

一人で育てることも可能かもしれませんが、学校の先生という教育の専門家に助けを借りる事で大きな可能性を見出し、それが飛躍して成長に繋がる。

お金を育てるのも一緒。

一人で管理することも可能かもしれませんが、ファイナンシャルアドバイザーという投資の専門家に助けを借りる事で大きな可能性を見出し、それが飛躍して成長に繋がる。

20年前、投資の事について何も知らなかった私は、銀行のファイナンシャルアドバイザーに、投資の中でも安全性の高い投資があることを教えてもらい、初めて投資の世界に足を踏み入れました。

それが今思えば、本当に幸運だったと思います。

銀行の定期預金の利率に慣れきっていた私は、その成長の違いに漠然としました。

その後、家を購入。家を持つことで、さらに投資の機会に恵まれ、ファイナンシャルアドバイザーも、銀行ではなく、投資の専門、証券会社のアドバイザーにお願いすることになりました。

たくさんのファイナンシャルアドバイザーに会って、今、思うこと。

ファイナンシャルアドバイザーでも、豊富な知識と経験を持ち、たくさんのアドバイスをくれるアドバイザーと、なんの知識もなく、ただ手数料を取る事を目的とした、ファイナンシャルアドバイザーがいるという事。

なんの具体的なアドバイスもなく、あなたの投資ですから、どこに投資するか、あなたが決めてください。というアドバイザーは、すぐに変更した方が良いです。

ここ数年、AIやロボアドバイザーがもてはやされていますが、今回のコロナをキッカケに、アドバイザーを持っているということがどれだけ価値があるかと言うことを学びました。

資産運用は、人に頼り切らずに、自分で管理をするのが大事っというお話をよく耳にします。

しかしながら、現実、子育てをしながら、働きながら、家事をしながら、さらに自分で資産運用するというのは、至難の業です。

実際、子育てで多忙だった過去10年以上の間、私は、年に一度のアドバイザーさんとのミーティング以外、明細書を見る事さえしませんでした。

とにかく忙しかった。

コロナで自粛生活が続き、子供達も成長して、時間に余裕が出来て、初めて過去のファイルを見直し、世間が株価暴落で慌てふためく中、自分たちの投資は、あまり影響を受けずに、うまく成長している事に驚きました。

今は、少しずつ投資の事を学んでいます。

昔は、投資なんて、高い授業料を払って学ぶべきモノだったのかもしれません。

今の時代、学ぼうと思えば何でもインターネットで学べます。

ありとあらゆる情報がネットでシェアされ、学びをシェアすることが当たり前になっている時代。

それを考えると人生のタイミングってうまく良く出来ているなぁって思います。

私が投資を学んで、自分でも成功出来るくらいに成長したら?

もちろん、ブログでシェアします。

まだ、ほど遠い話。笑