雨の日を喜ぶ

ある方のお話。。。

あいにくの雨って言葉があるけど僕は雨をあいにくだなんて思ったことがない。僕の両親は雨が降ると今日は雨だぞぉーって、いつも喜んでいた。だから僕も雨が降ると雨だぁって嬉しくなる。

そのお話を拝聴した時に自分も雨だぞぉーって喜べる親、そんな姿を子供たちに見せる事が出来る親になりたいなぁっと思いました。

そんな折、チャンス到来です。

10歳の誕生日を迎えた次男、コロナの規制が少しずつ解除され、アウトドアであれば10人まで集まりがオーケーとのニュースで、次男の仲の良いお友達7人を招待して8人でアウトドアバースデーパーティーを行う事になりました。

しかしながら当日。。

予報は雨。小雨ぐらいだったら大丈夫と思いきや、どしゃ降りの雨。。

通常であれば、じゃぁ家の中でパーティーしようっと言えるところですが、コロナの規制で、それも難しい状態。

雨なんて嫌いだぁ、コロナなんて嫌いだぁっと今にでも言いかねない次男を横目に何か雨だからこそ、コロナの規制中だからこそ出来る何か楽しい事がないかなぁっと考えた時、あっと思いついたのです。

雨キャンプ!

大きなタープを木と木の間にはって隠れ家的なテントの中で過ごす瞬間、そこにお友達があつまってワイワイガヤガヤ、面白そう。楽しそう。

結果は次男もお友達も大喜び!思った以上に好評でした。

雨が降ってくれたおかげで、今までのキッズパーティー企画にない、チャレンジ満載の、親として思い出に残るバースデーパーティーになりました。感謝!

雨の日を喜ぶ。楽しむ。

人生には、たくさんの雨があります。それは予想外でもあるし、なかなか自分ではコントロールできない出来事でもあります。

100%すべての雨を喜ぶ、楽しむというのは、難しい事かもしれません。しかしながら、ちょっとした発想の違いで、喜ぶ、楽しむに変えることが出来るかもれない。そして、それを感謝することで、もっと喜ぶ、楽しめる人生が、自然体で、きりひらけるような気がするのです。

相対性を持つという話

ここ最近、ツイッターでつぶやいた一言を2つ紹介します。。

相対性を持つ事って凄く大事だと思っている。比べて悲観したり喜んだりするのではなく自分が置かれている環境を客観的に見てその中で自分に何が出来るのか試行錯誤出来る。日本の療育についてもっと学びたいと思った。@togetherland さん、@womadren さん、感謝です。また宜しくお願いします。

”二兎を追う者は一兎をも得ず”という言葉を教訓に一つの事をコツコツ積み重ねていた昔の自分をふと思い出した。一つ満足したらまた一つ。一つ一つの自己満足が自己肯定感になって年齢を重ねた時に一挙に二兎にも三兎にもなる。自分の中では英語を学んだことが人生の中での一番の大きな収穫。

自分の場合、海外に出ることで日本と海外の相対性を学び、英語を学ぶ事で日本語と英語の相対性を学び、そして自閉症児の子育てをすることによって、教育の中での相対性を学ぶ事ができました。

人間誰でも得意、不得意があります。様々な相対性を学ぶ事で、自分がいる場所は、自分が優位に立てる場所なのか、そして優位に立てる場所に移動するためには、自分に何が出来るのか試行錯誤することができます。

例えば身近な例を紹介すると、学校の先生。担当になった学校の先生が、自閉症児の子供の対応に慣れていない場合、そのままの環境だと、子供が問題行動に走ってしまう危険性があります。しかしながら、普段から、様々な先生の対処法を自分なりに把握し、相対性を身に着けておくと、慣れていない先生と慣れている先生の違いを把握することができ、その違い、何を変えれば改善できるのか具体的なアドバイスを促すことができます。アドバイスを促すことで、環境が変わるのです。自分の立ち位置がより優位になるのです。

相対性を学べるチャンスは、たくさん転がっていますが、ここ最近、発信するとそのチャンスが、より多く得られる事に気がついてきました。このブログももしかすると、自分の相対性を学ぶツールなのかもしれません。

昨日、クラブハウスで、日本の療育関係の方々とお話をするチャンスに恵まれました。短い時間でしたが、日本の現在の療育はどのように進んでいるのか?どのようなサポートが行われているのか等、学ばせてもらうことができました。

カナダの療育と比較しながら、日本の療育の素晴らしい部分もどんどん取り入れていきたい。発信もしていきたいと思います。発信をすることで更に自分も成長させたい。

いろいろと学ぶ事があって、発信する機会があって、様々な出会いがあって、本当に良い時代だと思います。

クラブハウスで一分スピーチにトライした話

日本時間朝5時のクラブハウスで自分の学んだ経験を制限時間一分で話すというコーナーがあり、私も何度かスピーチしてみました。

先日は、地域格差のトピックに合わせて自分の経験を語ってみました。

スピーチは以下の通り。

地域格差がここ最近話題になっていますが、私も東北の小さな町の出身です。地元の短大を卒業して国の公務員になることが人生のゴール、それが幸せだと信じていました。それなりに楽しかったし、当時の自分にはまったく気づきがありませんでした。結局は海外に出ることになって今に至りますが、今振り返って、ひとつ言える事は、勇気を出して自分をまったく違う環境に置くことで時には大きな学びを得られるということです。なれた環境に居続ける事は居心地が良いし否定するつもりはありません。だけど、せっかくの人生。失敗しても思い切って外に出てみるって凄くいい事だと思います。以上です。

このスピーチの後に、勇気をもらいましたっというありがたいコメントを頂いて、すごく嬉しかったです。

このスピーチの中では自分が海外に出たことでの学びを語っていますが、慣れた環境から思い切って外に出てみる、学ぶって、実は、日常の中にたくさん存在すると思うのです。

自分の今の身近な例でいうと子供達の学校。

どうして子供は学校に行かなかきゃいけないの?

行かなきゃいけないってルールはないけど、学校って子供の時だけ体験できる、思いっきり高級な、”違うコト”を経験出来る場所なんだよ。大人になったら、時間も限られるし、お金もかかるし、大変。だけど、子供の時は、時間いっぱいあるし、自分の世界だけで、自分が思いつくコトだけで時間過ごすのって勿体ないじゃん。だから、学校で、たくさんの違う大人や子供達に会って、違うコトを、たくさん経験するの。自分の知らないコトを学んだり、体験したり、イヤな人に会ったり、素敵!って思う人に会ったり、とりあえず、やってみる。

学校に通う子供達を見送りながら、いろいろと体験して、学んでくれている事を、願う日々です。

普通級か支援級か

日本の教育システムでこの言葉にいつも私は違和感を感じる。

子供は普通級に通いたいと言っているが、学校側に支援級をすすめられた。

そんな話を聞いて憤りを感じだ。

日本の教育は、子供達を早くから、カテゴリー別に分けるのが好きだ。

私自身、自分が何をしたいのかもわからないうちに早く選択肢を迫られて憤りを感じた経験がある。

日本って良いところがたくさんあるけど教育については自分の過去を振り返っても違和感だらけ。自分が何が好きなのかもわからないうちに自分をさっさと早くカテゴリー化させなければいけないプレッシャーを感じていた。

中学では部活動。一度選んだら変更できないプレッシャー。3年間同じ事を続ける。吹奏楽を選んだけど、友達が選んだテニスや弓道、茶道もやってみたかった。だけど変更は許されない。一度選んだら吹奏楽を続ける。それが私の選んだ道。まだ13歳だよ。それなりに楽しかったし続けたけどね。

高校受験。私の生まれた街の高校の選択肢は4つ。進学、農業、工業、商業高校。進学校選びました。とりあえず何を自分が将来やりたいかわからなかったから。高校受験に違和感。何がなんだかわからないうちに成績でプレッシャーでカテゴリー別に振り分けられる。子供達は振り落とされないよう勉強する。

高校受験で進学校に決まってから友達グループが変わった。高校にまだ入ってもいないのに大学受験の話をするクラスメートもいた。とりあえず進学校入れてよかったよねぇ。そんな会話をしながら受験で落ちてしまった友達はどんな気持ちだろうって遠慮してた。仲の良い友達がすこしずつ変わっていった。

高校に進学した途端、大学受験の話。自分は文系か理系かの選択を迫られた。そんなのわからない。得意科目は国語と生物。私は理系を選んだ。生物に興味があったから。友達は皆、文系を選んでいた。クラス分け発表。新しいクラスの初日。めちゃ後悔したのを覚えている。90%が男子。。。

女子で理系を選んだのは看護師を目指すクラスメートばかりだった。男子は医者が多かった記憶がある。中学の時と違ってクラスでワイワイ楽しく交流という雰囲気はなく、勉強、勉強、勉強。それが私の高校生活。部活は吹奏楽部。中学で3年吹奏楽だったら吹奏楽でしょって雰囲気があった。

医者になるほどの成績じゃなかった私はクラスで将来を決められないプレッシャーに悩まされた。女子は看護師でしょ。看護学校に行けば?衛生検査技師は?今思うと信じられないアドバイス。理系を選択してしまった地方女子高校生の職業。そんなかぎられていたのかなぁ。今でも疑問。

大学受験。理系を選択した地方女子高生の私が選んだのは地方の県立短大。県立とあって卒業生の大半が地元公務員と言われていた。地元の文系を選択した友達も一緒だったし、何をしたいかわからなかったから、とりあえず公務員になれば幸せかなぁって思って県立短大に入った。人生こんなものさってそれなりに満足していたの覚えている。

転機が訪れたのは短大に入って一年目の時。いとこがアメリカ留学をした。あんたも地元に根付いていないで、どっか行ってくれば?の母親の一言で海外に出てみようって思った。そして今。人生ってわからない。

日本の教育システムに違和感。普通級か支援級か、進学校か専門校か、理系か文系か、本人のためとか選択の自由を与えているっというより成績別、能力別の振り分けにしか思えない。人は皆違う。違う人間と過ごしてこそ多様性が生まれるのにもったいないなぁって思う。

教育の格差について思うこと

週末、あるクラブハウスのルームにて、日本の著名人達が、日本の教育の格差について語っていました。

日本社会での貧富格差、地域格差、境界線が、教育の現場でも現れている。

大人がまず模範を示さなければいけない。多様性が重要だ。

それを聞いてふと思ったこと。

多様性って、たくさんの自分とは違う人達、考え方、行動意識を学ぶ事によって身につけられるものだと思うのです。

自分と違う意見を学ぶというのは、時に自分の心の中に、違和感を感じさせます。

そういった違和感を感じる意見を聞いた時、私が常に自分に言い聞かせる事は、何もそれをマルかバツに決める必要はないということ。

時には、違った意見を聴くことで、自分の考え方の幅が広がるというか、こういう考え方もあるんだなって、常にどこかに学びがあります。

英語で OUTISIDE BOX THINKER という言葉があります。

箱の外から考える人という意味ですが、私は、しょっちゅう、あなたは、OUTSIDE BOX THINKERだねって言われます。

教育の話に戻ると、貧富とか地域とか、境界線とか、取り除こうと思っても、人はそれぞれ違うし、変えるのは難しい話だと思います。

出来る事があるとすれば、たくさんの違った考え方、学び方があるという事、学校の学びも、その中の一部だって認識できれば、うまくいくような気がするのです。

そう思うと、やっぱりインクルーシブ教育っていいなぁって思うのですが、話を聞いていると、日本社会では、まだまだ先の話なんだろうなぁって思ってしまうのが、正直な感想です。

クラブハウスで感動した話

今月からクラブハウスに参加していろいろな方のお話を聴いています。

今朝も、子供たちのお弁当作りをしながら、さて何か聴いてみようかなぁッとクラブハウスのアプリをオープンしたら、てい先生という日本ーの保育士さん?が、お母さんの悩みに答えますっというタイトルでルームをオープンしたのが目に入りました。

日本は真夜中、正直、こんな時間にお母さんの悩みに答えますっなんて勇気あるなぁっと思いました。

案の定、深刻な話で申し訳ありませんが。。と、双子のお子さんの子育てで悩んでいるお母さんが涙声で相談していました。

子供は皆、違います。親も皆、違います。皆、それぞれの環境を把握して、試行錯誤して、ベストを尽くす。こうすれば良い、ああすれば良いっという一般的なアドバイスは、存在しますが、すべての子育てに通じる完璧な方法なんて、世の中には、存在しないと思っています。

このお母さんの悩みに答えるてい先生のお話を聴いて思ったこと。

アドバイスが凄いというよりも、親に寄り添う、親に力を与える、そういったカリスマ性を感じました。

試行錯誤している親に力を与える話し方、言葉というものが存在するんだなって改めて実感しました。

さすが日本一と言われる保育士さん。

クラブハウスを通じて今まで名前さえ聴いたことのない人々を発見、出会い、感動する日々です。

先日は、英語圏の自閉症児子育てグループのルームに参加して、ニューヨークタイムズで記事に取り上げられたアメリカ人の自閉症児ママさんと、つながることが出来ました。

本当に凄い時代です。

テクノロジーの発展がもたらしてくれた学びのチャンス、発見、出会い、感謝しかありません。

ロビンフッターで持ち株が暴騰した話。

自閉症の長男の投資アカウントをオープンした事をキッカケに、携帯からDIY投資を始めて2ヶ月が経過しようとしていますが、先日、突如現れたロビンフッター族の影響で自分のポートフォリオが2週間連続バク上げしました。

自分も携帯で投資をしているのでロビンフットのアプリは知っています。

しかしながら、カナダでは、2019年の1月に導入されたWEALTHSIMPLEまたはWEALTHSIMPLEが導入される前から人気のあったQUESTRADEという2つがメインのプラットフォームになっています。

その流れで、私もWEALTHSIMPLEを使っています。

バク上げした銘柄はブラックベリーとシルバー。

2つとも去年の終わりに購入した銘柄でした。

ブラックベリーは少しずつ上昇しているのには気がついていたのですが、先週突然暴騰!

220%のアップでした。

そして目の前にはいってきたのがGAMESTOPのニュース。

その日の午後には自分の買った値段から300%以上アップしたので、そこで利確しました。

そして、シルバー。。。

ETFと鉱山株をやはり去年購入して持っていたのですが、この銘柄は、あまり上昇することもなく、下がりトレンドもそれほど大きくなかったので、ずっと保持していました。

ロビンフッターが、今度は銀を買い始めている。。とある著名な方がツイートしていて、本当かなぁっと思いながら、様子を見ることにしました。

すると次の日、いきなりシルバーの鉱山株が買った値段から50%上昇。。。

もう少し上がるかなぁって思ったのですが、さっさと利確しました。

ETFの方は、あまり急激な上昇でもなかったので、そのままホールドすることにしました。

ロビンフッター族VSファンド会社的なニュースが流れていますが、これをキッカケに投資に興味を持つ人々が、もっと増えるような気がして、これって良い事じゃないかなぁって思います。

投資を始めて私が思った事は、自分がありとあらゆるビジネスに興味を持つようになった事、そして常に未来を見つめるようになったという事。

自閉症の長男の未来もTechnologyの発展で、もっと明るくなるように思えてきました。

車の免許なんてとれないかもなぁなんて思っていた自分がなんか昔のよう。自動運転ですよ。

実際、今、EVを運転していますが、マニュアルで免許を習得した私にとって今の車は、運転が簡単です。駐車だって自動で出来てしまう。凄い時代です。

未来について、バブル崩壊だとか、デフレが来るとか、暗いニュースばかり語る方もいますが、どんな時代にも、成功するビジネスというのは存在すると私は思っています。

どんな時代にも成長する銘柄があると思うのです。というか、毎日のマーケットを観察していると、マーケットが全体的に下がっている際に、上昇しているセクター、銘柄が常に存在します。

そういうのを見つけると、なんとなくワクワクします。

未来には必ずどこか明るい光があって、その光が当たりそうな部分、自分がラッキーになれる場所を探す。それが自分にとっての投資かなぁ。。ここ最近、そう思えてきました。

子育ても投資も何か似ているところがあります。明るい未来を見つめて、子供を育てる、お金を育てる。

ラッキーになるぞぉ!

DIY投資開始! ウェルスシンプル経験談2

私が一番最初に購入した株は、ETFと数種類の個別株でした。

テレコム系、銀行、電気、水道、ガスといったライフライン系の株。

こういった株は、上がり下がりも激しくなく、それでも確実に少しずつ上昇していく銘柄だからです。

どうしてこういった事を学べたのか。。全部ユーチューブです。

今の若者達は本当に凄い。自分でどんどんチャレンジして、その経過をユーチューブで動画にあげていくのです。

ウェストシンプルで投資をしている若者もたくさんいて、そういった若者たちから、私は、数々の事を学びました。

その後、いろいろな情報を得て、自信をつけたところで、私は、投資アカウントに少しずつ毎週入金しながら、少しずつ銘柄を選んで、バリュー株やグロース株にも投資をはじめました。

もう一つ、経過で、勉強のために長期と短期アカウントを開設しました。長期には、自分が少なくとも5年おいておくと決めた株を少しずつ入れていきました。

ここで気がついたことは、とにかく銘柄は違った業種の株を他種目入れておくことが必要。ある業種の株が急落した時は、ある株が急騰。ある株は、ほとんど動かない等の特徴があります。

どんな時にでも動けるプレイヤーがいる。スポーツチームのよう。メンバーは入ればいるほど安定しているような気がします。

私は、殆ど動かない株からはじまって、少しずつ違った業種の株をバランス良く購入してきました。

金融市場のおかげもありますが、一ヶ月で平均10%以上の上昇。定期預金にあずけていたら、良くても、1.5%ですから、大きな違いです。

DIY投資なんて、昔は手数料も高かったし、私が覚えている範囲では、なにせミニマムで同じ銘柄を100株以上?等のルールもあり、よほどお金を持っている人でなければ出来なかった事です。

それが、今では携帯で、個人が簡単に、銘柄一株から買えてしまうのです。

私も実際、興味あるなぁって株を一株で持っていたりします。

波に乗る感覚で急上昇している株なんかも、短期アカウントで、ポチって買うことあります。もう少しあがったら、さらに数株、さらに数株、で、まずいッと思ったら、一挙に半分売る。

この方法で、だいぶ収益をあげましたが、一度、ビットコイン関係の株が急落して、半分売ったら次の日、急騰して、やっぱり売らなきゃよかったぁっと思ったこともあったので、そのへんは、未だに勉強中です。

損も覚悟でほっておくのも、後で見れば正解って事もあるんですよねぇ。

投資は奥が深い。

これからも投資の学び、極めたいなぁって思ってます。

DIY投資開始! ウェルスシンプル経験談1

自閉症の長男のためにカナダの障害者投資アカウントを開設したことをキッカケに、投資に興味を持ち、自分で投資アカウントを開いて投資をはじめました。

自分の旅行業ビジネスがコロナの影響でゼロになってしまったことも要因の一つです。

長男の投資アカウントは、ファイナンシャルアドバイザーに管理をお願いして、自分のビジネスで得た過去の収益の一部を定期預金から差し引いて、エイッと思い切って投資アカウントを開設しました。

アカウントのプラットフォームはたくさんあったのですが、以前、友人から聞いていたウェルスシンプルという携帯から簡単に投資できる、手数料無料、ミニマムなしのプラットフォームではじめてみることにしました。

ウェルスシンプルは、2019年の1月にカナダで使えるようになった、まだ新しい投資プラットフォームです。ロボアドバイザーのアプリと自分で株を購入するDIY投資の2つのアプリがあって、私は、DIY投資のアプリを選択しました。

アプリをダウンロードしたものの、やっぱり不安。ウェルスシンプルっとまずは検索。。。

今の時代というのは、なんでもインターネットで学べます。

実際にアプリを使って投資をしている若者達のユーチューブ動画が山のように出てきました。

企業が提供している動画は、ほぼ宣伝ですから、良いことしか書かれていません。

しかしながら、ユーチューブをチェックすると、実際にアプリを使っているユーザーの声が聞けるのです。

ドキドキしながら、自分のビジネス口座をウェルスシンプルに接続。そして、ウェルスシンプルの口座に入金したい金額をいれます。

ミニマムなしなので、どんな金額でもOK。私は、とりあえず250ドルを入金しました。私が見たユーチューバーの男の子は、100ドルから始めていました。

口座に入金されるまで3日程かかります。。。

3日後に入金完了!

ウェルスシンプルから、通知が届き、アプリを開いてみると、250ドル入ってました。

ここで私のDIY投資が始まりました。

続きは第2談へ。。

一つの言語で世界は見えない

子供達の金融リテラシーをあげたい。投資のしくみを教えたいっとある日ふと思いました。

しかしながら、私の投資経験は、ファイナンシャルアドバイザーなしでは、自信をもって語れないのが現状です。

自分が経験してみないと、やっぱり教えられない。

そう思って、投資のプロやアマチュアのユーチューブ動画をチェックしまくり、噂の無料アプリで2万円を入れて、ポチっと自分で投資をはじめてみました。

目指すは、ウォーレン・バフェット系コツコツ投資。

様々なデータを取り入れ、自分が納得して、これは成長が見込めると思う企業を多様な分野で選択し、株を一つ一つ購入していく。

自分なりの納得出来るポートフォリオを形成していく。

多様化が成功の決め手!

これがめちゃ学びがあって面白い。

ここで、英語と日本語の様々なユーチューバーをフォローしながら、自分が感じた事。

日本語ユーチューバーで、素晴らしい有益な動画を紹介している方々もたくさんいるけど、どこか偏っている印象。英語ユーチューバーからの情報のほうが、世界で起こっているビジネス、投資について、比較的、敏速で、多様な情報を得る事が出来る。

英語が分かると世界が見えるってこういう事かなぁ。ふと思いました。

これは、投資だけでなく、どの情報でも、同じことが言えると思います。

社会ニュース、教育、思想、宗教。

一つの言語ですべてを理解しようとすると、やはり、その言語に基づく考えが離れず、どこか偏ってしまっているような印象を受けます。

そういう私も、日本語と英語しか知りませんが、これが、数カ国語で情報を得られたら、もっと凄いだろうなぁって思います。

翻訳機能もあるし、中国語やインド語、東南アジア、ヨーロッパ、他の国々の言葉のユーチューバーも追いかけてみようかな?